BRAND

TRAMAROSSA

1967 年、若いテーラー職人Chemello Urbano が1本のジーンズを作りました。
そのころデニムはセルベージ(耳)を折り返して織機で作られており、彼は当時のデニムの特徴だった赤色のセルベージ(耳)にしました。
Tramarossa 名の由来はそこにあります。
40 年後、Urbano の4 人の息子達が父の最初のTramarossa を研究し、現代的要素を取り入れ現在に至っています。
伝統的なテーラー技術は現代の着心地のよさとセルベージデニムの特徴(ディテールへの拘り、高い技術のフィニッシング)を融合しており、真の生産工程やテーラー製品と伝統的デニムの完璧なバランスを保証するものです。
それがTramarossa のテーラーデニムです。
そしてすべての生産工程がVicenza(ヴィツェンツァ、デニムの地)で行われます。
それは彼らがブランドへの誇りを持つ考えを追求するためにほかなりません。
“Made in Veneto”とはTramarossa のテーラーに与える非常に力強い価値を与えています。
それはデニムや既製服の文化を示す言葉であると同時に高品質な言葉でもあります。
ブランドロゴはSilver Scissor ( 銀色のはさみ) はSartoria Tramarossa の紋章であり、シルバーリベットが右後ろのポケットに付いています。
それは、ハンドメイドの信頼とセルベージデニムの高品質を示しています。

2021 Spring & Summer
『ALESSANDRO SQUARZI Capsule Collection』
ドレススタイルからカジュアルもしっかりと着こなす世界で最も注目されるAlessandro
Squarzi(アレッサンドロ・スクアルツィ)。
ビジネスマン、コレクター、デザイナー、オピニオンリーダーしても活躍。
2017 年Esquire UK は、彼を”The Best-Dressed Man in the World”と評しました。
Squarzi の豊富な知識と折衷主義、そして個人的な嗜好を掛け合わせ、日本製セルヴィッチ
ファブリックによる本物のヴィンテージのために最高品質ディテールとともに作られた、
Tramarossa x Alessando Squarzi カプセルコレクションを発表。
Alessandro Squarzi のコラボレーションは共通の思い、そして世界的なデニムの歴史に関
する深い知識、Made In Italy への情熱とともに作り出されました。
日本での発売は伊勢丹のみの別注として販売が決定しています。